知的財産の問題の記事一覧

  • 著作権侵害の告訴など、著作権者が刑事手続に関与する際の注意点

    ご自身の著作権が侵害された場合、捜査機関に対して告訴をしたり、被害者として刑事手続に関与することがあります。今回は、著作権の刑事事件の概要と、著作権者が被害者として関与する際の注意点について、解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 社内でソフトウェアを複製・コピーする際の著作権法上の注意点

    社内でソフトウェアを複製・コピーすると、著作権侵害になる場合があります。今回は、「複製」の意味を法的に踏まえて、ソフトウェアのコピーがなぜ著作権侵害になるのか、どのような場合に侵害にならないのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 商標を先に使っていれば差止請求に対抗できる!?

    商標登録をしないまま第三者が商標権を取得してしまった場合でも、商標権者からの差止請求を拒絶できる先使用権という権利があります。今回は、商標権者への対抗手段として重要な先使用権について解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コスプレ衣装の製作・販売の著作権法上の問題点

    マンガやゲームのキャラクターの衣装の製作・販売を受注する業者や、ECサイトでそれらの衣装を販売する業者は、衣装についての著作権を侵害するリスクがあります。今回は、どのような著作権侵害の可能性があるのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著作者人格権とは

     著作物を創作した者は著作者となり、著作権と著作者人格権の2種類の権利を有することになりますが、著作者人格権については馴染みのない方もいらっしゃると思います。今回は、著作権法で定められた著作者人格権について解説していき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著作権、意匠権、商標権の違いとは

    事業で扱う知的財産権には、著作権、意匠権、商標権などがありますが、それぞれ保護する対象や権利の内容が異なります。今回は、事業戦略のために押さえておくべきそれぞれの権利の特徴を解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著作権を共有しているとどのような不都合があるのか?

    著作物を複数人で作成すると、著作者も複数人になることがあります。今回は、どのような場合に著作者が複数になるのか、その場合の権利関係に不都合な点はあるのか、対策方法はあるのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 従業員が作成した著作物は当然に会社のもの!?

    会社の業務で作成したイラストやテキスト等の著作物については、一定の場合には、会社が著作者になります。今回は、どのような場合に会社が著作者になるのか、そのために実務上注意することは何かについて解説します。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 使っていないと商標権が取り消される!?

    商標を使用していないと、登録審査の場面や登録後に、様々な不利益が生じます。今回は、商標を使用していないと商標登録が拒絶されるのかについてや、第三者から商標の取消審判を起こされることについて、概要や対策などを解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • IT・EC事業者が知っておくべき、リンクの設定の注意点とは!?

    他のウェブぺージへのリンクを無断で貼る行為は、基本的には違法ではないと考えられていましたが、今年、「違法である」との判決が出ました。今回は、なぜリンクを貼る行為が違法と判断されたのか、実務への影響はどの程度あるのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者

IT・EC特化型リーガルパートナー

ページ上部へ戻る