商標権の記事一覧

  • 著作権、意匠権、商標権の違いとは

    事業で扱う知的財産権には、著作権、意匠権、商標権などがありますが、それぞれ保護する対象や権利の内容が異なります。今回は、事業戦略のために押さえておくべきそれぞれの権利の特徴を解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 使っていないと商標権が取り消される!?

    商標を使用していないと、登録審査の場面や登録後に、様々な不利益が生じます。今回は、商標を使用していないと商標登録が拒絶されるのかについてや、第三者から商標の取消審判を起こされることについて、概要や対策などを解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • モールに対して知的財産権侵害の通報をする際に実務上注意するべき点

    商標権や著作権を有している者は、他人が無断でその商標や著作物を利用している場合、差止請求をすることができます。今回は、楽天やヤフーなどのモールで商標権や著作権の侵害行為がされている場合の差止請求の留意点について解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • パロディ商品の販売も商標権侵害になる!?

    パロディ商品は、高い売上見込みが立つ点で事業者にとっては魅力的ですが、本家の商標と類似しているため商標権侵害の問題が生じます。今回は、パロディ商品に関連して、問題となった裁判や特許庁での出願手続での注意点について解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外サイトで自社商品が勝手に販売・広告されたら!?

    海外サイトで自社の商標を付した商品が勝手に販売されている場合、その販売者に対して商標権侵害を主張できるかどうかが問題となります。今回は、海外の販売業者に対する商標権侵害の主張などの対応について解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ウェブサイトの作成が商標権侵害になる!?

    事業者の方が自社の商品やサービスのウェブサイトを開設するとき、ドメインやメタタグ・タイトルタグの使用が他人の商標権を侵害する可能性があります。今回は、なぜ商標権侵害になるのか、事業者の方が注意するべき点は何かについて、解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 商標出願に対して拒絶理由通知を受けたら!?

    商標の出願内容に問題があると、特許庁から「拒絶理由通知」が送付されることがあります。これに対し適切な対応をしなければ、商標登録を受けることができません。今回は、「拒絶理由通知」に対する対応について解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 真正品の販売であれば商標権侵害にならない!?

    登録商標が付された商品を販売する行為は、原則として商標権侵害行為に該当します。ですが、商標権者が自ら販売した真正品については、例外的に商標権侵害にならないとされています。今回は、真正品の販売と商標権侵害の関係性について解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 商標権侵害裁判で最も多く争われる「商標的使用」とは何か?

    商標権侵害の裁判で最も多く争われるのは、「商標的使用」という要件です。今回の記事では、「商標的使用」とは何か、どのような場合に「商標的使用」に当たるのかという点について、過去の裁判例を紹介しながら解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 商標の「使用」とは!?

    商標権の侵害は「直接侵害」や「間接侵害」などの類型に分けられています。また、最も基本的な「直接侵害」が成立するためには、同一・類似の商標を使用することが必要です。今回は、どのような行為が「商標の使用」に該当するのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者

IT・EC特化型リーガルパートナー

ページ上部へ戻る