IT著作権法対策特集【弁護士が教えるシリーズ】の記事一覧

  • 従業員が作成した著作物は当然に会社のもの!?

    会社の業務で作成したイラストやテキスト等の著作物については、一定の場合には、会社が著作者になります。今回は、どのような場合に会社が著作者になるのか、そのために実務上注意することは何かについて解説します。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著作権を共有しているとどのような不都合があるのか?

    著作物を複数人で作成すると、著作者も複数人になることがあります。今回は、どのような場合に著作者が複数になるのか、その場合の権利関係に不都合な点はあるのか、対策方法はあるのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著作権、意匠権、商標権の違いとは

    事業で扱う知的財産権には、著作権、意匠権、商標権などがありますが、それぞれ保護する対象や権利の内容が異なります。今回は、事業戦略のために押さえておくべきそれぞれの権利の特徴を解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 著作者人格権とは

     著作物を創作した者は著作者となり、著作権と著作者人格権の2種類の権利を有することになりますが、著作者人格権については馴染みのない方もいらっしゃると思います。今回は、著作権法で定められた著作者人格権について解説していき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コスプレ衣装の製作・販売の著作権法上の問題点

    マンガやゲームのキャラクターの衣装の製作・販売を受注する業者や、ECサイトでそれらの衣装を販売する業者は、衣装についての著作権を侵害するリスクがあります。今回は、どのような著作権侵害の可能性があるのかについて解説しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者

IT・EC特化型リーガルパートナー

ページ上部へ戻る